PR

高校生の家出の原因とは?家庭内コミュニケーションから学校生活まで

高校生の家出の原因とは?家庭内コミュニケーションから学校生活まで
このようなお悩みにおすすめな記事です
  • 家出した高校生をどうやって見つければいいか…
  • 家出の原因は?
  • 家出後に高校生が訪れる場所とは?

家出する高校生。

その背後には、家庭の問題や学校生活のプレッシャー、さまざまな心の葛藤が隠れています。

この記事では、家出高校生の心理や動機、家出後に訪れる場所、そしてどうすれば見つけられるのか、さらには法的な問題や安全対策まで、詳しく解説します。

家庭内でのコミュニケーションがうまくいかない、いじめや恋愛の悩み、ギャンブル依存症など、多角的な視点から家出の原因と対策を考えます。

また、家出後のフォローアップや再発防止についても触れます。

家出は決して他人事ではありません。

この記事を通じて、家出高校生とその周囲がどう対処すればよいのか、具体的なヒントを得てください。

この記事をざっくり言うと…

  • 家出高校生の背景には家庭問題、学校生活、SNS影響など多様な要因がある
  • 家出先は友達の家、親戚の家、公共施設など多様で、それぞれにリスクと負担が存在する
  • 未成年者保護法により、家出は法的に問題となる場合もあり、警察への届け出が一般的である
  • 家出高校生の捜索は警察、SNS、学校、友達、探偵事務所と多角的に行うべきである
  • 自衛手段として、防犯ブザーや緊急連絡先の設定が有効である
  • 探偵事務所は効率的な捜索が可能だが、費用と信頼性の確認が必要である
スポンサーリンク

家出高校生の心理と動機

家出高校生の心理と動機

家庭環境と家出

家庭内コミュニケーションの欠如

家庭内でのコミュニケーションが不足している場合、高校生は心の中で多くの問題を抱え込む傾向があります。

親子間のコミュニケーションが少ないと、子供は自分の気持ちや考えを正確に伝えられないため、ストレスが溜まりやすくなります。

特に高校生は、学校生活や友達関係、将来に対する不安など、多くのプレッシャーにさらされています。

そのため、家庭での安心感やサポートが不足すると、家出を考えるケースが増えます。

SNSを通じて、同じような状況にある友達や知り合いと連絡を取り、家出の計画を立てることも少なくありません。

親がこのような状況に気づかないでいると、問題はさらに悪化する可能性が高くなります。

家庭内暴力

家庭内暴力は、高校生が家出を考える大きな要因の一つです。

暴力がある家庭環境では、高校生は自分自身を守るため、また心の平安を求めて家を出ることを選びます。

警察や弁護士、NPO法人など、多くの支援機関が存在していますが、高校生自身がそのような情報に触れる機会は少ないです。

そのため、SNSや友達を通じて、シェルターや安全な場所について情報を得ることが多いです。

家庭内暴力が原因で家出をする高校生は、長期にわたって行方不明になるケースも少なくありません。

両親の離婚・再婚

両親の離婚や再婚も、高校生が家出を考える背景になります。

特に、再婚によって新しい家庭環境に適応できない場合、高校生は家出を選ぶことがあります。

新しい親との関係がうまくいかない、または兄弟姉妹との関係にストレスを感じると、家出の可能性が高まります。

このような状況では、高校生は友達や学校でのサポートを求めることが多いですが、それが不足すると家出を決意します。

毒親と家出

毒親とは、子供に対して心理的または物理的な虐待を行う親を指します。

毒親の元で育った高校生は、自分自身の価値を正しく認識できず、多くの心理的問題を抱えます。

その結果、家出をしてしまうケースが多く報告されています。

毒親から逃れるためには、専門のカウンセリングや法的な支援が必要ですが、多くの高校生はそのような情報にアクセスできないため、家出を選ぶしかないと感じます。

家計の状況

家計の状況が厳しいと、高校生はそのプレッシャーを感じ、家出を考えることがあります。

特に、親が仕事を失ったり、ギャンブルで家計が困窮すると、高校生は家庭環境に対するストレスを感じます。

そのような状況下では、高校生はバイトを始める、または家出して働くことを考えます。

ギャンブル問題

ギャンブル依存症の親がいる家庭では、高校生は家庭環境に対して非常に大きなストレスを感じます。

ギャンブルによって家計が困窮し、その影響で家庭内の関係が悪化すると、高校生は家出を考えるようになります。

このような家庭環境では、高校生は親や家庭よりも、友達や学校、バイト先での人間関係を重視する傾向があります。

ギャンブル問題による家出は、高校生自身が成人しても解決しないケースが多く、長期的なサポートが必要です。

学校生活と家出

いじめと恋愛

高校生が家出を考える背景には、学校生活でのいじめや恋愛が大きな要因となることが多いです。

いじめが原因で家出をする高校生は、学校での人間関係に極度のストレスを感じています。

SNSを通じて、いじめの事実を共有し、同じような状況にある友達や知り合いと連絡を取ることもあります。

一方で、恋愛が原因で家出をするケースも少なくありません。

失恋や恋愛トラブルによって心が不安定になり、家庭や学校生活に対するストレスが高まると、家出を選ぶ可能性があります。

学業に対するプレッシャー

高校生は、進学や就職に向けて多くのプレッシャーを感じています。

特に、成績が思うように伸びない、または親からの期待値が高いと、そのストレスは倍増します。

このような状況下で、高校生は学校でのサポートが不足していると感じると、家出を考えるようになります。

親や教師からのプレッシャーが高いと、高校生は自分自身の価値を低く見積もり、自尊心が低下します。

その結果、家出をしてしまうケースが多く報告されています。

高校生の心理状態

高校生は、成長期特有の心理的変化によって、多くの感情や考えに揺れ動きます。

その中で、家庭や学校、友達との関係にストレスを感じると、家出を考えるようになります。

特に、自分自身の将来に対する不安や疑問が強いと、その心理的な負担は大きくなります。

このような心の動きを理解していない大人たちは、高校生の行動を理解できず、対応が適切でない場合が多いです。

その結果、高校生は家出を選ぶしかないと感じ、その行動に出ることが多いです。

非行行動

非行行動も、高校生が家出を考える一因です。非行に走る高校生は、多くの場合、家庭や学校での問題が原因となっています。

親や教師、友達とのコミュニケーションが不足していると、非行行動を通じて自分自身を表現しようとします。

また、非行行動が原因で警察や学校から注意を受けると、そのプレッシャーから逃れるために家出をするケースもあります。

このような状況では、高校生は親や教師よりも、非行行動を共にする友達とのつながりを重視する傾向があります。

そのため、家出後も長期間行方不明になるケースが多く、親や保護者は大きな心配を抱えることになります。

家出高校生が訪れる場所

家出高校生が訪れる場所

友達や親戚の家

友達の家が多い理由

家出をした高校生が最初に向かう場所として、友達の家が多く挙げられます。友達の家は、高校生にとって心地よい環境と感じられる場所であり、親や教師からのプレッシャーを感じにくいです。

また、友達同士であれば、家庭の事情や学校での問題を共有している場合が多く、相談しやすいと感じる高校生も少なくありません。

SNSを通じて、事前に家出の計画を共有し、友達の家を選ぶケースもあります。

しかし、長期間友達の家に滞在すると、その家庭にも負担がかかる可能性があります。

親戚の家でのリスク

親戚の家に家出をする高校生もいますが、その選択にはリスクが伴います。

親戚とはいえ、家庭環境や生活習慣が異なる場合が多く、高校生が思い描いていたよりもストレスを感じることがあります。

また、親戚が家出の事実を両親や警察に報告する可能性も考慮する必要があります。

そのため、親戚の家での滞在は短期間に留めることが多いです。

祖父母の家

祖父母の家は、高校生にとって安心感がある場所とされています。

祖父母は孫に対して寛容であり、家庭や学校での問題を優しく聞いてくれることが多いです。

しかし、祖父母も高齢であることが多く、長期間の滞在は祖父母に負担をかける可能性があります。

また、祖父母が遠方に住んでいる場合、移動に時間とお金がかかる点も考慮する必要があります。

先輩の家

先輩の家に家出をする高校生もいます。

先輩は高校生にとって憧れの存在であり、信頼も厚いです。

しかし、先輩の家での滞在には注意が必要です。

先輩が大学生や社会人である場合、その生活環境は高校生にとって馴染みにくい場合があります。

また、先輩が家出の事実を学校や親に報告する可能性もあります。

そのため、先輩の家での滞在は短期間に留め、次の行動を早めに考えることが重要です。

公共施設での家出

ネットカフェ

家出した高校生が選ぶ場所として、ネットカフェは一般的です。

ネットカフェはインターネットが使えるため、情報収集や連絡が取りやすい環境が整っています。

また、飲食物も購入できるため、一時的な避難先として選ばれることが多いです。

しかし、長時間の滞在は健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

さらに、未成年者は深夜に外出することが制限されているため、法的な問題も考慮する必要があります。

24時間営業の施設

24時間営業の施設も、家出した高校生が選ぶ場所の一つです。

コンビニエンスストアやファストフード店など、24時間営業の施設は多くあります。

これらの施設は、食事やトイレ、暖房・冷房が利用できるため、一時的な避難先として選ばれます。

しかし、長時間の滞在は店側から迷惑とされる場合があり、注意が必要です。

夜の街

夜の街に家出する高校生もいますが、その選択には多くのリスクが伴います。

夜の街は犯罪が起こりやすい場所であり、高校生自身の安全が保障されていない場合が多いです。

また、未成年者が夜の街で働くことは法的に問題があります。

そのため、夜の街での滞在は避けるべきです。

シェルター

シェルターは、家出やDV(家庭内暴力)から逃れるための一時的な避難所です。

シェルターは匿名性が保たれており、安全な環境が提供されます。

しかし、利用には一定の条件があり、事前に確認が必要です。

また、長期間の滞在は基本的にできないため、次の行動を考える場として利用することが多いです。

ドンキホーテやスーパーマーケット

ドンキホーテや大型スーパーマーケットも、家出した高校生が選ぶ場所の一つです。

これらの施設は商品が豊富で、食料品から日用品まで手に入れることができます。

また、一部の店舗は24時間営業しているため、夜間でも利用可能です。

しかし、長時間の滞在は店側から迷惑とされる場合があり、注意が必要です。

他の場所も考えられる場合もあります。ぜひ下記記事で失踪者・家出人がどこへ行くのかを確認しましょう。

家出後のリスクと対策

家出後のリスクと対策

法的な問題

未成年者保護法

家出した高校生が直面する法的な問題の一つが未成年者保護法です。

この法律により、未成年者は特定の時間帯に外出することが制限されています。

また、未成年者が無断で外泊することは、親権者に対する違反とされる場合があります。

このような状況下で、高校生が家出をすると、親権者が法的な手段を取る可能性があります。

したがって、家出を考えている場合は、未成年者保護法に違反しないように注意が必要です。

警察への届け出

家出した場合、親や保護者が警察に届け出ることが一般的です。

届け出がなされた場合、警察は家出人を捜索します。

ただし、届け出があっても、必ずしもすぐに捜索が始まるわけではありません。

警察が捜索を開始するかどうかは、家出の状況や理由、高校生の年齢などによって決まります。

捜索が行われないケース

警察に届け出があっても、すぐに捜索が始まらないケースもあります。

例えば、家出が自発的であり、犯罪に巻き込まれる可能性が低いと判断された場合、警察は捜索を行わないことがあります。

また、家出した高校生が成人間近である場合、警察は捜索を控えることが多いです。

一般家出人と特異行方不明者

家出人は大きく分けて、一般家出人と特異行方不明者に分類されます。

一般家出人は、自発的に家を出た人を指し、特異行方不明者は、犯罪や事故などに巻き込まれた可能性がある人を指します。

特異行方不明者の場合、警察は速やかに捜索を開始します。

しかし、一般家出人の場合は、警察が捜索を行うかどうかは、状況によります。

したがって、家出を考えている高校生は、このような分類とその後の対応を理解しておくことが重要です。

安全対策

自衛の方法

家出をした高校生が直面するリスクの一つが、身の安全です。

外出先での自衛は非常に重要であり、特に夜間には注意が必要です。

防犯ブザーを持つことで、緊急時に周囲に知らせる手段を確保できます。

また、スマホには緊急連絡先を登録しておくと、一触即発の状況で素早く対応できます。

さらに、不審者に近づかれた場合は、大声で助けを求めることも有効です。

自衛術の基本的な技を覚えておくと、身を守る確率が高まります。

緊急連絡先

家出した場合、何が起こるかわからない状況になる可能性があります。

そのため、緊急連絡先を事前に設定しておくことが重要です。

親や信頼できる友達、または警察などの公的機関の連絡先をスマホに登録しておくとよいでしょう。

また、緊急時にすぐに連絡できるように、ショートカット機能を活用することもおすすめです。

このようにして、緊急時に迅速に対応できる体制を整えておくことが、安全確保に繋がります。

自殺願望がある場合

家出を考える高校生の中には、自殺願望を抱えているケースも少なくありません。

このような状況では、専門の相談窓口や心の健康を支援する機関に連絡を取ることが最も重要です。

また、自殺願望がある場合は、一人で行動することを避け、信頼できる大人や友達にその気持ちを打ち明けることが大切です。

自殺願望がある場合、その感情に対する専門的なケアが必要であり、適切な支援を受けることで、状況が改善する可能性があります。

家出高校生の探し方

家出高校生の探し方

自力での捜索

SNSでの情報収集

家出した高校生を探す際、SNSは非常に有用なツールとなります。

特に、家出前に投稿された内容や友達とのやり取りから、行き先や心情を読み取ることができる場合があります。

FacebookやTwitter、Instagramなどのプラットフォームで、本人のアカウントをチェックすることが第一歩です。

また、友達やフォロワーとのメッセージのやり取りにも注目しましょう。

ただし、プライバシーに配慮して、情報を無断で第三者に公開することは避けてください。

学校や友達からの情報入手

学校は家出高校生の情報を多く持っている可能性があります。

担任や学年主任、学校のカウンセラーに連絡を取ることで、家出前の様子や友達との関係性についての情報が得られることもあります。

また、友達やクラスメートからも有用な情報が集まる場合があります。

特に、家出前に何か変わった様子がなかったか、最後に会った場所、話していた内容などを聞くとよいでしょう。

自宅周辺の捜索

家出した高校生が最初に向かう場所として、自宅の近くが考えられます。

公園や空き地、近くの商業施設など、身近な場所で目撃情報があるかどうかを確認しましょう。

また、近隣の住民や店舗にも声をかけ、情報を集めることが有効です。

特に、家出した当日に見かけたという情報があれば、その後の行動を予測する手がかりになる可能性があります。

連絡を続ける

家出した高校生に対して、連絡手段がある場合は、定期的に連絡を試みてください。

スマホやメール、SNSを通じて、安否を確認するだけでなく、心のケアも重要です。

ただし、無理に帰宅を促すような言葉は避け、対話を通じて本人の意志を尊重する姿勢が大切です。

このようにして、家出した高校生が安全な状態でいることを確認しつつ、適切なサポートを提供することが重要です。

自力で探す場合は注意点も多数!下記記事で注意点を紹介しています。

合わせてご覧ください。

専門家への依頼

探偵事務所

家出した高校生を探す際には、探偵事務所の力を借りることも一つの手段です。

探偵事務所はプロフェッショナルなスキルと豊富な経験を持っています。

特に、行方不明者捜索に特化した事務所も存在し、高度な技術とネットワークを活用して効率的に捜索を行います。

探偵事務所に依頼する場合、費用や契約内容をしっかり確認することが重要です。また、事前に口コミや評判を調査し、信頼性が高い事務所を選ぶとよいでしょう。

ただし、探偵事務所に依頼する前に、家族や警察との連携も考慮に入れるべきです。

家出人は早い相談が早期発見に繋がります。

原一探偵事務所は24時間365日、家出・人探しの調査の無料相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

警察との協力

家出高校生の捜索において、警察との協力も非常に重要です。

特に、家出が犯罪に絡む可能性がある場合や、高校生が危険な状態にあると判断される場合は、速やかに警察に相談することが推奨されます。

警察は行方不明者捜索において、多くのリソースと専門的な知識を持っています。

例えば、捜索犬やヘリコプター、高度な技術を用いた捜索が可能です。

警察と協力する場合、家出の事情や最後に確認された場所、関連する人物など、詳細な情報を提供することが有効です。

このような情報は、捜索の方向性を決定する上で非常に役立ちます。

ただし、警察に依頼する場合も、家族の意向や状況を考慮する必要があります。

家出後のフォローアップ

家出後のフォローアップ

再発防止

家庭内での対話

家出後のフォローアップとして、家庭内での対話が非常に重要です。

家出の背景には多くの場合、家庭内のコミュニケーションの不足や問題が潜んでいます。

家庭内での対話を通じて、高校生自身の気持ちや考えをしっかりと理解することが、再発防止に繋がります。

対話の場を設ける際には、非難や責任の追及を避け、理解と共感を基本にすることが推奨されます。

また、家庭内での対話は、高校生だけでなく家族全員が参加する形が望ましいです。

このようにして、家庭内の問題を共有し、解決策を見つける過程が、家出の再発防止に有効です。

専門家によるカウンセリング

家出後の再発防止には、専門家によるカウンセリングも有効な手段とされています。

特に、家出の原因が深刻な場合や、家庭内での対話だけでは解決しきれない問題が存在する場合には、専門家の介入が必要です。

カウンセリングでは、高校生自身の心の問題や家庭環境、学校生活など、多角的にアプローチを行います。

専門家によるカウンセリングは、一般的に心理医療機関や専門の相談機関で行われます。

カウンセリングを受ける際には、事前にその専門家がどのような資格や経験を持っているのかを確認することが重要です。

信頼性と実績のある専門家に相談することで、家出の再発防止に向けた具体的なステップを踏み出すことができます。

社会的なサポート

学校のサポート体制

家出した高校生にとって、学校は再発防止のための重要なサポートを提供する場所です。

多くの学校では、専門のカウンセリング室や心の健康を支援するプログラムが設けられています。

これらのサービスは、高校生が抱える問題や心の葛藤を解決する手段として有効です。

また、学校には友達や先生といった、高校生が信頼する人々が多くいます。

信頼できる大人がいる環境は、高校生が安心して話をする場となり、問題解決に繋がります。

さらに、学校は地域社会とも密接に連携しています。

地域の支援団体や専門家と協力し、高校生が安全で健全な生活を送るためのサポートを行っています。

地域社会との連携

家出の問題は、家庭や学校だけの問題ではありません。

地域社会全体でのサポートが必要です。

多くの地域では、家出や行方不明に関する情報提供の仕組みがあります。

これにより、高校生自身やその家族が、必要な時に迅速に情報を得ることができます。

また、地域社会にはNPO法人やボランティア団体が存在し、家出高校生やその家族に対して、様々なサポートを提供しています。

これらの団体は、専門的な知識や経験を持つ人々が多く、高校生が抱える問題に対して、多角的なアプローチが可能です。

地域社会との連携によって、家出の再発防止だけでなく、高校生が安心して生活できる環境作りも進められます。

まとめ

まとめ

家出する高校生が増えている現代、その背景や対策は多くの人々にとって重要なテーマです。

家庭環境や学校生活、心の葛藤といった多角的な要因が絡み合い、高校生が家を出る決断をする場合があります。

しかし、家出はリスクが多く、安全対策や法的な問題も考慮する必要があります。

もし家出が起きた場合は、SNSや友達、専門家を通じて情報を集め、早期に解決を図ることが大切です。

そして何より、再発防止として家庭内での対話や専門家によるカウンセリング、学校や地域社会との連携が不可欠です。

このような総合的なサポートによって、高校生自身もその家族も、より安心して生活できる環境を作り上げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました